鬼怒川温泉で温泉を楽しみ日光やテーマパークまどを遊びつくそう

日光の歴史を巡る観光拠点としても最適な鬼怒川温泉。
MENU

鬼怒川温泉ってどんな処

鬼怒川温泉の旅館(ホテル)

 

鬼怒川温泉は、栃木県日光市の鬼怒川上流域にあり、雄大な渓谷美に彩られた関東有数の温泉街です。 かつては箱根や熱海と並んで東京の奥座敷と呼ばれ、現在でも年間200万人以上の観光客で賑わいます。 泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効果があり、肌にも優しいやわらかなお湯です。

 

古くは滝温泉という名前で鬼怒川の西岸にのみ温泉がありました。

江戸時代に発見され日光の寺社領であったことから、日光詣帰りの諸大名や 僧侶達のみが利用可能な温泉であったとされています。その後、東岸にも温泉(藤原温泉)が発見され、滝温泉と藤原温泉が合わさり、 現在の鬼怒川温泉になりました。鬼怒川温泉は、栃木県日光市にある温泉で、関東を代表する箱根と並ぶ、 東京の奥座敷と呼ばれています。

 

鬼怒川温泉の泉質とかはどんな感じかな?

鬼怒川温泉の泉質は単純温泉で、弱アルカリの性質なので、お肌にやさしい温泉です。滑らかな手ざわりのお湯は無色透明、無味無臭です。火傷に対する効能があるとされ、古くから北側の川治温泉とともに「傷は川治(川治温泉)、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と言われ親しまれてきました。皮膚病、胃腸の病気などにも効果があり、神経痛・リウマチなどの神経系への効果もあるそうです。

 

鬼怒川温泉の成り立ち

江戸時代に発見され、当時は日光詣の僧侶や大名のみが入ることを許されたという由緒正しき温泉です。明治以降に一般開放されてからは多くの観光客が訪れ、鬼怒川渓谷沿いには旅館やホテルが建ち並ぶ関東有数の大型温泉地として発展しました。お湯は神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効くというアルカリ性単純温泉で、肌にも優しい軟らかな泉質です。周辺には日光江戸村や東武ワールドスクウェアなどのテーマパークも多く、観光にも最適です。

 

鬼怒川の利便性

鬼怒川温泉は日光東照宮や輪王寺などの、日光の歴史を巡る観光拠点としても最適です。自然も豊かな日光鬼怒川では、97メートルの高さから豪快に流れる、日本の三大名瀑の一つ、華厳の滝。 紅葉時期には渓谷の絶景を楽しめる全長140メートルの吊り橋など、大自然を全身で感じることができる名所が多数ございます。 また、日光江戸村、東武ワールドスクウェアなど、大人から子どもまで 楽しめるテーマパークもいっぱ。心置きなく観光を楽しむためにも良き温泉旅館を選びたい物ですね⇒鬼怒川温泉の旅館ランキングでできるだけ人気の高い旅館を選び温泉もじっくり堪能しましょう。

 

このページの先頭へ